CLUB

クラブ紹介

  • クラブ名称
  • いわてグルージャ盛岡
  • クラブ名の由来
  • 『グルージャ』はスペイン語で『鶴』という意味。盛岡藩主南部家の家紋『向かい鶴』と、盛岡名物『じゃじゃ麺』、岩手の方言に多く含まれる『じゃ』の響きにちなんでいます。
  • エンブレム
  • いわてグルージャ盛岡ロゴ
  • ホームタウン
  • 岩手県/盛岡市、北上市、宮古市、大船渡市、花巻市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町【岩手県全県】
  • ホームスタジアム
  • いわぎんスタジアム(収容人員:4,946人) 岩手県盛岡市永井8-65 いわぎんスタジアム
  • チームカラー
  • ホワイト(チーム名の由来でもある『鶴』の色、そして北国の冬の厳しさを乗り越え、強くたくましく羽ばたく岩手スピリットを表現。
    フェアプレーの精神に基づき、 未来へ羽ばたく子供たちと岩手県民の夢を鶴が翼を広げて羽ばたく姿へ重ね合わせる意味。
    また『ホワイト』は勝ち星の『白』でもあり、Jリーグへ向けて勝利を勝ち取る意味もあります。
  • 2019ユニフォームコンセプト
  • 1stユニフォームとしては、Jリーグクラブ唯一となる「白(グルージャホワイト)」をベースに、六角形の集合体で岩手の形をユニフォーム全体にあしらい、33市町村を現したグラフィックで「一岩」を象徴するデザインに仕上げました。
    また、パンツには33個の六角形を「矢印」「鶴」をイメージした形に組み、11(イレブン)として配置しています。
    2ndセカンドユニフォームでは、「雲」をイメージし、鶴のように羽ばたいて、空へと、J2昇格・J3優勝を胸に、長いシーズンを戦い抜き、さらなる高みを目指す意思を表しています。
  • 2019 ユニフォーム
  • ユニフォーム

クラブスローガン

クラブスローガン

一岩 ICHIGAN

それは、スポーツの領域を超え、世代と地域を繋ぎ、盛岡・岩手に携わるすべての人々の生活に息づいたプロサッカークラブとなることです。
2016シーズン、グルージャ盛岡は「一岩」をスローガンに掲げながら、応援して下さる皆様の期待を大いに裏切る事態を招いてしまいました。
2017シーズンより経営陣を刷新し、クラブはRESTARTを切りますが、一連の事態を踏まえ、改めてファン・サポーターをはじめとする皆様との絆の大切さを実感するに至りました。
そして2018シーズンには岩手県内33市町村様にホームタウン追加のご承認をいただき、2019シーズンより、「いわてグルージャ盛岡」にクラブ名およびチーム名を変更し、クラブとして新たなスタートを切りました。
この想いを将来、どんなときも忘れることなく、「一岩」となって最後まで諦めず戦い、夢と感動と興奮を皆様と共に分かち合えるクラブになることを、いわてグルージャ盛岡は目指し続けます。

デザインコンセプト

ICHIGAN

時代にとらわれず、いわてグルージャ盛岡の想いの象徴として普遍的に使用するため、限りなくシンプルなデザインで「一岩」を構成しています。

◎エンブレム全体の形は、岩手県をイメージしながら盾を想起するレベルまで抽象化し成形しています
◎シャープな三角形は、岩手山をはじめとする山々とリアス式海岸の形状を表しています
◎岩の合間に描かれた五角形は、サッカーボールの象徴を表します
◎モノトーンの図形には、WINの文字が隠れており、必勝に向けた想いが込められています

会社概要

  • 運営会社
  • 株式会社いわてアスリートクラブ
  • 所在地
  • 〒020-0852 岩手県盛岡市飯岡新田6-14-4 2F
    TEL.019-613-6333 FAX.019-613-6334
  • 設立年月日
  • 平成21年4月10日
  • 資本金
  • 2億3,425万円
  • 役員構成
  • 代表取締役オーナー  稲吉 正樹
    代表取締役社長    坂本 太樹
    取締役        村越 美夏
    取締役        勝田麻記子
    取締役        松木 大輔
    取締役        西田 章子
    取締役        菊池 賢
    取締役        佐藤 訓文
    取締役        吉田 忍
    
  • 監査役
  • 新實 清人

ヒストリー

● 2003年
将来のJリーグ加盟を目指しNPO法人『Jリーグチームを盛岡に作る会』を発足。当時、東北社会人サッカーリーグ2部に所属していたヴィラノーバ盛岡を改組して『グルージャ盛岡』を発足
● 2004年
東北社会人サッカーリーグ2部・北ブロック優勝。1部昇格を決める
● 2005年
・東北社会人サッカーリーグ1部 初優勝。全国地域リーグ決勝大会に出場するも1次ラウンド敗退
・岩手県サッカー選手権大会 初優勝
・天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場
● 2006年
東北社会人サッカーリーグ1部2位
● 2007年
・台湾代表と国際親善試合を行う(グルージャ盛岡 4-0 台湾代表)
・東北社会人サッカーリーグ1部 優勝(2回目)。全国地域リーグ決勝大会に出場するも1次ラウンド敗退
● 2008年
・東北社会人サッカーリーグ1部 優勝(3回目)。全国地域リーグ決勝大会に出場するも1次ラウンド敗退
・岩手県サッカー選手権大会 優勝(2回目)
・天皇杯全日本サッカー選手権大会で岩手県勢初勝利(グルージャ盛岡 5-1 山形大学)
● 2009年
・運営法人をNPO法人から株式会社へ移行
・東北社会人サッカーリーグ1部 優勝(4回目)。全国地域リーグ決勝大会に出場するも1次ラウンド敗退
・岩手県サッカー選手権大会 優勝(3回目)
● 2010年
・東北社会人サッカーリーグ1部 優勝(5回目)。全国地域リーグ決勝大会に出場するも1次ラウンド敗退
・岩手県サッカー選手権大会 優勝(4回目)
● 2011年
・東北社会人サッカーリーグ1部2位
・岩手県サッカー選手権大会 優勝(5回目)
● 2012年
・東北社会人サッカーリーグ1部2位
・岩手県サッカー選手権大会 優勝(6回目)
● 2013年
・8月20日(火)、Jリーグ理事会でJリーグ準加盟申請が承認される
・東北社会人サッカーリーグ1部 優勝(6回目)
・全国地域サッカーリーグ決勝大会 優勝
・明治安田生命J3リーグ参入 決定
● 2014年
・2014明治安田生命J3リーグ 5位
・天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦敗退
● 2015年
・2015明治安田生命J3リーグ 11位
・天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦敗退
● 2016年
・2016明治安田生命J3リーグ 13位
・天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦でJ1
・ベガルタ仙台を5-2で破り岩手県勢初の3回戦進出
● 2017年
・2017明治安田生命J3リーグ 15位
・天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦敗退
● 2018年
・2018明治安田生命J3リーグ 13位
・天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦敗退
● 2019年
・2019明治安田生命J3リーグ 18位
・天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦敗退

TOPへ戻る

Advertisement